ホーム > 論文投稿

論文投稿



お知らせ

2016年1月号より投稿論文(及びノート)は,J-STAGEによるオンラインジャーナルとなります(解説記事はこれまでどおり印刷媒体です).会員以外も閲覧することが可能になります. 海外の検索サイトからも利用するこが出来ます. また,早期掲載を行っておりますので,論文掲載号の発効日よりも早く公開されます.概ね正原稿提出後2ヶ月以内を予定しております.これに伴い,これまでの特急掲載制度は廃止されます.早期掲載に対する追加料金はありません. なお,論文のフォーマットは一段組みになります.カラーでの投稿に追加料金がなくなります.

以下は,2015年9月1日からの新しい情報です。

参考までに、2015年8月31日までの情報はこちらです。


1. 論文投稿に関するお知らせ
目次: (1)投稿の条件と論文等の投稿方法
(2)特別投稿の場合の予告メールについて
(3)PDFファイルによる投稿の受付
(4)論文等の投稿原稿のPDF化に関する案内
(5)J-SATGEでの論文公開に関して
(6)各種費用に関する案内
(7)賛助会員へのサービス
(8)英文校閲業者


(1)投稿の条件と論文等の投稿方法

○投稿の条件
論文を投稿することができる条件として,本会会員であることを問いません.ただし,筆頭著者が本会会員でない場合は,別に定めた投稿料をお支払い頂きます.(2011年11月14日受付分から適用)


○投稿の制度として,次の2種類があります.
(a) 一般投稿
(b) 特別投稿:掲載の可否判定を受付月末から数えて,2ヶ月あるいは3ヶ月で回答いたします. 下記の 【特別投稿の場合の予告メールについて】 にしたがいます.

○投稿の方法として,(a)電子メールによる投稿,(b)郵送による投稿の2種類があります.
(a) 電子メール添付による投稿:下記の 【PDFファイルによる投稿の受付】 にしたがいます.
(b) 郵送による投稿:下記宛に送付いただきます.
原稿送付先:
〒214-8571
川崎市多摩区東三田1-1-1
明治大学 
理工学部 機械工学科
小林健一(JSDE出版担当理事) 宛

設計工学会では,(a)による投稿を推奨しています.校閲期間を短縮することができます.
投稿に関してお問い合せの場合,事務局あるいは校閲運営委員会ではなく,

にお願いいたします.

[先頭へ戻る]


(2)特別投稿の場合の予告メールについて

特別投稿原稿の投稿予告方法は次の通りです.FAXでは受け付けておりません.すべて電子メールを利用していただきます.

送付(メール添付)書類
原稿表紙(PDFファイルあるいはWordファイル)
原稿内容説明(PDFファイルあるいはWordファイル.種別が論文の場合には,英文概要の和訳でかえることができます.種別が,ノートの場合には300字程度の和文概要を作成願います.これらはJ-STAGEで概要として公開されます.)

メール送付方法
 必要書類のテンプレートを本会ホームページの 「論文投稿に関する文書ファイル集」 よりダウンロードし,必要事項を記入のうえ,電子メールに添付して下記アドレス宛へ送信してください.ただし,添付ファイルのエンコード形式はWindows用(Base64)に限ります(Mac形式は不可).
予告書類送信先アドレス(投稿論文等専用メールアドレス)

投稿の2週間前までに特別投稿を予告するメールがあった場合は,投稿の受付月末から数えて2ヶ月以内に掲載の可否判定をお知らせいたします.そのような条件以外の予告メールの場合あるいは予告がなかった場合は,投稿の受付月末から数えて3ヶ月以内の可否判定のお知らせとなります.
校閲が終了し,正原稿を提出後,投稿原稿に関するお問い合わせがある場合,
にお願いします.

なお,論文投稿予定日(予告メールより2週間)から数えて4週間たっても投稿がなかった場合には,投稿権失効とさせていただきます.早めのご投稿を宜しくお願いいたします.
[先頭へ戻る]


(3)PDFファイルによる投稿の受付

2005年1月1日以降,投稿論文等の受付について,原稿表紙,校閲参考資料,論文本体などを一つのファイルとしてまとめたPDFファイルを電子メールに添付する投稿方式をお願いしています. 次にしたがって,ご投稿をお願いたします.
強調表示している注意事項を遵守してください.

投稿先は次のメールアドレスにお願いします.

添付ファイルの内容:
(1) 次の(a)〜(d)の4つのファイルをPDF化し,この順番で最終的に一つにまとめたPDFファイル(3MB以内.超過する場合は下記注意事項参照)
 (a)原稿表紙(※)
 (b)校閲参考資料  
 (c)日本語原稿の場合は英文概要の和訳・英語原稿の場合は概要の和訳  
 (d)原稿本体
(2) 必要に応じて参考資料(講演発表論文,Proceeings抜粋,本会会誌に掲載済みの論文等)を 一つにまとめたPDFファイル(3MB以内.超過する場合は下記注意事項参照)

※原稿表紙については,著者(代表者)の捺印(英文原稿の場合は署名)をいただく部分が2カ所ありますが,次のいずれかの対応をお願い致します.
(1) 印鑑のイメージデータ(印影をスキャナーで取り込むか,ソフト的に作成)を貼り付けた原稿表紙WordファイルからPDF化
(2) 必要事項を記入し,印刷した原稿表紙に実際に捺印し,それをカラースキャナー等で読み取り,その(カラーあるいは白黒,カラーの場合はデータ容量が大きくなることに注意)データをPDF化

 メールに添付されるPDFファイルの容量は,3MB以内に収まるように,PDF化のもとになる原稿の準備をお願いいたします. 原稿(Wordファイル等)をPDF化する際の簡単な案内を下に掲載しております.  PDF化したファイルの容量が,3MBを超過するような場合や,3MB以下にすることによって,例えば写真等の品質が落ちてしまい,校閲結果に影響が出ることが懸念されるような場合は,上記メールアドレスにご相談ください.

 
[先頭へ戻る]


(4)論文等の投稿原稿のPDF化に関する案内

http://www.vector.co.jp ((株)Vectorが運営するオンラインソフト紹介サイト) にアクセスしていただくと,Word文書ファイルのPDF化のためのフリーソフトウェア,別々のPDFファイルの結合のためのフリーソフトウェアが入手できます. もちろん,Adobe社が市販するAcrobatでも,同様なことは可能です.

そのほか,ソースネクスト社,メディアドライブ社,ライブドア社,シーグランソ社,ジャストシステム社等でも同様のソフトウェアが市販されております.

また,論文採択後に正原稿を提出していただく場合,pdfファイルにはフォントの埋め込みをお願いしております.

[先頭へ戻る]

(5)J-SATGEでの論文公開に関して

2016年1月号より投稿論文(及びノート)は,J-STAGEによるオンラインジャーナルとなります(解説記事はこれまでどおり印刷媒体です).会員以外も閲覧することが可能になります. 海外の検索サイトからも利用するこが出来ます. また,早期掲載を行っておりますので,論文掲載号の発効日よりも早く公開されます.概ね正原稿提出後2ヶ月以内を予定しております.これに伴い,これまでの特急掲載制度は廃止されます.早期掲載に対する追加料金はありません. なお,論文のフォーマットは一段組みになります.カラーでの投稿に追加料金がなくなります.2015年9月1日より変更される投稿規程をご確認ください.

J-STAGE 設計工学  

[先頭へ戻る]

(6)各種費用に関する案内


1. 費用の支払先(銀行振込、郵便振替、現金書留等)
169−0073 東京都新宿区百人町2−22−17
(公社)日本設計工学会  TEL:03-5348-6301 FAX:03-5348-6280

郵便振替の場合:00190−1−27479
銀行振込の場合:みずほ銀行 世田谷支店 普通預金 530289

2.(論文等)投稿料:
2011年11月14日改定
筆頭著者が本会会員の場合は,投稿料は免除となります.
筆頭著者が非会員の場合は,投稿料として投稿時に上記1の支払先に10,000円をお支払い下さい.論文投稿の際は,支払いの確認できる書類を添付して下さい.
一般投稿 10,000円
(筆頭著者が本会会員の場合は無料)
特別投稿

3. 掲載に伴う料金表
特別投稿料金
一般投稿 無料 
特別投稿 10,000円 

掲載料金(2016年4月1日改定)
(上段は印刷所版下作成方式,下段は著者版下作成方式の場合です.)
記事種別 標準ページ数(上限) 6頁まで 8頁 10頁 12頁 14頁 16頁
論文・ノート 6〜10 (16) 60,000円
45,000円
80,000円
60,000円
100,000円
75,000円
120,000円
90,000円
140,000円
105,000円
160,000円
120,000円

4. 別刷り料金
  8頁まで 10頁 12頁 14頁 16頁
CD-ROM購入 5,000円
50部 30,000円 35,000円 42,000円 49,000円 56,000円
100部 45,000円 55,000円 66,000円 77,000円 88,000円
150部 60,000円 75,000円 90,000円 105,000円 120,000円
200部 75,000円 95,000円 114,000円 133,000円 152,000円
250部 90,000円 115,000円 138,000円 161,000円 184,000円



[先頭へ戻る]

(7)賛助会員へのサービス

出版部会では,会誌内容を充実すべく賛助会員へのサービスの一つとして,次のような内容で会誌(印刷媒体)スペースを無償提供することを実施します.掲載ご希望がある場合は,お知らせいただきたくお願いいたします.

  掲載条件
(1) 会誌A4版の1/2の面積(具体的には,横180mm×楯125mm程度)の内容とします.
(2) いわゆる,埋め草的な扱いとします.したがいまして,掲載内容に期限や締切日などが記述されていても結構ですが,それがない内容が望ましいものとなります.また,上述の面積の内容が,一社から複数の希望がある場合や数社から希望がある場合は,同じページに割り付けられることは少ないものとご理解ください.(特に締切日などが記載されている場合)早い号に掲載するように鋭意努力いたしますが,掲載時期についてのご希望には応じられない場合があるかもしれません.
(3) そのまま製版されるものとして内容(版下原稿)をご提出ください.電子データを電子メールに添付されても結構です(図や写真などがある場合は,できるだけ600DPI以上の解像度でご準備ください).カラー(多色)の内容であっても,掲載時の仕上がりは,モノクロ(グレー)となります.
(4) 本会の会員に対して有益と判断できる内容とします.その一例としては,営業内容・取扱商品などや,啓蒙的・学術的性質を持つ内容などです.出版担当理事が校閲させていただきます.
(5) 原稿(版下)の提出時期は適宜とします.なお,毎月上旬に発刊される号の校正作業は,発刊の1ヶ月前には終了しているのが基本で進めております.
(6) 費用は戴きません(無償サービスです).
(7) 送付先 〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 大学院工学系研究科 機械工学専攻 村上 存(JSDE出版担当理事) 宛

当面,このサービスに対する需要を見極めながら,さらなるご期待に添うべく努力いたす所存です.

[先頭へ戻る]

(8)英文校閲業者

本会からの公式な紹介という訳ではございませんが,一例としてご紹介いたします.

ミューリサーチ
フォルテ
プログレス・インターナショナル
エヌ・エイ・アイ

[先頭へ戻る]



2.論文投稿関連文書ダウンロード
PDF             投稿規定・著作権規定・執筆要項・評価項目など(2015.9.1更新)
Word, PDF 投稿原稿表紙(和文原稿用)(2015.9.1更新)
Word, PDF投稿原稿表紙(英文原稿用)(2015.9.1更新)
Word論文投稿時に添付する参考資料記入用紙(2008.02.23更新)
Word(郵送の場合)原稿提出時に同封する原稿受領通知葉書(雛形,裏面・表面)(2011.11.14更新)
Word著作物利用許諾申請・複製許諾に関する書類(2006.07.01更新)
Word, PDF投稿論文等の割付見本(和文原稿用)(2015.9.1更新)
Word, PDF投稿論文等の割付見本(英文原稿用)(2015.9.1更新)
Word講演発表論文の割付見本(2006.07.01更新)

[先頭へ戻る]



3.校閲進捗状況
こちらをクリックすると,別ページにて校閲の進捗状況を確認できます.
[先頭へ戻る]



4.Q&A
紀要は一般公表にあたります か?
[先頭へ戻る]