2016年の質問・回答リスト
質問登録へ戻る
 質問回答 
設計仕様書には『内部部品1裏面のM.SETボタンを長押しして,時刻を手動設定できるようにすること』と記載されていますが, M.SETボタンでどのように時刻を設定するのか,よく理解できなかったのでご質問させていただきました. 私は,以下のどちらかの操作で時刻の設定ができるのだと考えているのですが,実際はどのような操作で設定をおこなうのでしょうか?  ①M.SETボタンを長押しするだけで,時刻が設定できるような内部構造になっている. ②M.SETボタンを長押ししながら,手で時針や分針を触り,位置を移動させることにより時刻を設定する. 

 時刻合わせの方法を回答します.M.SETボタンを長押し(3秒以上)している間針が進みます.セットしたい時間まで進んだら手を放します.それで時刻合わせ完了です.御質問に答えるなら「①M.SETボタンを長押しするだけで,時刻が設定できるような内部構造になっている」が該当します.
 設計仕様書には『時計針ロックピンを挿抜できること』と記載されていますが, ロックピンで時計の針を止めることでメンテナンスを容易におこなえるとおっしゃっていましたが、メンテナンスとは実際にどのような状況を想定しているのでしょうか. 今回の時計の課題は,自由度を大きくしておりますので、針を直接触ってメンテナンスするようなアイデアも想定しております.その場合には,メンテナンス時に針の駆動を固定しておかないと,時計を壊してしまう可能性があります.故障防止のための固定用ロックピンです.
 部品1のM8のねじについては,用途が仕様に記載されていません.全面外装部品や,その他装飾品等の固定に使ってよいのでしょうか.M8のねじと,φ18高さ0.5の面の機能について,ヒントをいただけませんでしょうか. 今回の課題は自由度を大きくしております.チームで検討いただき,M8を利用するかどうか判断してください.利用する場合ですが、部品1の基準はデータム箇所ですので,公差を考慮し,設計的な工夫も検討し進めてください.「ターゲットA,データムB,データムCにより部品1を前面外装部品に取り付ける」これは設計仕様です.設計仕様と矛盾しない設計方法を検討ください.柔軟な構想を期待しています.
 設計上で部品を追加する際,板金部品を追加してもよろしいのでしょうか.指定樹脂のみで設計するべきでしょうか. チームで追加仕様を検討していただき、板金部品が必要と判断されたのであれば,板金部品を設計して下さい.
 設計仕様書の6-1-4.電池交換について、質問です。 仕様書には「蓋もしくは扉の操作保持力は1N±0.3Nとする」とありますが、それは「1.3Nの力を加えれば扉もしくは蓋は外れる」という仕様にするという解釈でよいのでしょうか。 蓋もしくは扉が、1N±0.3Nで開閉できる、もしくは外れると理解して下さい。
 Solidworksで,広い面積をもつ平面にデータムを指定する場合,データムターゲットを使って指定したいのですが, DimXpertでは指定する方法ありませんでしょうか。 もしなければ,替わりの方法はありませんでしょうか。    DimXpertで、データムターゲットを指定することは出来ません。データムターゲットは「アノテートアイテム」機能で指示できます。
※メニューが表示されていない場合は、下記より選択します。(
添付参照

なお、CAD機能に関しては、各参加チームがCADベンダーへ直接問い合わせることとなっておりますが、今回は特別に回答をしております。


 設計仕様における、5-7.コスト、5-11.外観について質問です。  1つ目の質問としまして、5-7.コストでは、「外装コスト、金型コストについて」算出するよう求められていいるのですが、最終設計成果物として金型を考慮した設計をする必須の指定部品は、前面外装部品とそれに対となる、後外装部品の2部品を指定しています。ここで、質問なのですが5-7.コストで算出する金型コストは、ここでいう、必須の指定部品のみのコストのことをいうのでしょうか、もしくは、他のモールド部品を作る場合、その部品も含めたコストなのでしょうか?  2つ目の質問としまして、5-11.外観では外観色は自由とありますが、一つの部品に複数の色を指定しても良いでしょうか? 例えば、文字盤の数字の部分は黒色に、その他の部分を白色に という風にです。   1)コスト算出の対象は外装全部品です。できる限りトライして下さい。2)一つの部品に複数の色を指定しても構いませんが、加工方法とコストも考慮のうえ提示して下さい。
 時計本体の底に抜き勾配をつけたいのですが、つけると時計本体が斜めに傾き、うまく立たなくなってしまったので底にリブをつけました。しかし、そのリブには抜き勾配がつけられないのでリブの作成法としてスライドを使うか、金型を研磨して抜き勾配が0になるようにする方法の二つがあります。前者の場合はコストが多いため、後者の方法で行った場合は抜き勾配がないために減点されてしまうと思いました。なので、どちらにしたらよいでしょうか?  リブを含めて外観の意匠部にあたる面は必ずしぼ面にしてください。しぼ面で一部どうしても抜きこう配が付けられない場合は、スライドコアを用いるかその他の方法を考えてください。